「地震だ!まずは火を止めろ!」はウソだった?

トピックス

「地震だ!まずは火の始末」は非常識?!

家の中で突然地震が発生!そんなとき「グラッと来たら火の始末」と言いますね。
さて、これは正しいでしょうか?

実は、これは「昔の常識、今の非常識」と言われている標語の一つ。

今は地震の際は、身の安全を守り、けがをしないことを優先とされています。
よって、「グラッと来たら、まずは身の安全」が正解です。
地震でゆれを感じたり、緊急地震速報を受けた時は、身の安全を最優先に行動します。

「地震だ!まずは火の始末」という標語は、1923年9月1日のお昼どきに発生した関東大震災の教訓を元に生まれたと言われています。
当時は薪を使ったかまどなどが主流であり、その日は悪いことに台風の影響で強風にあおられた住宅から火事がおき、瞬く間に燃え広がって、10万人を超える犠牲者を出す大惨事となりました。

地震の際は、身の安全を最優先に

現在は、ガスコンロの揺れを感知して自動消火するマイコンメータなど地震時の安全対策が進んでおり、住宅事情も変わってきています。揺れている最中に、火にかけている鍋などに近づくと思わぬ火傷を負うことがあります。
大きな地震の場合、無理に消火しに行くのは、かえって危険です。

火の始末をするのは、地震の状況を見て揺れがおさまってから。
すみやかに火の始末をします。ガスコンロや湯沸かし器を消し、元栓も閉めます。
万が一出火したら、落ち着いて初期消火にあたります。

キッチンでの天ぷら油火災時の消火方法


てんぷら油鍋やフライパンに火が燃え移ったときの初期消火には、消火器が最も有効な手段です。
消火器がない場合、火が比較的小さいうちなら、手前から滑らせるようにして静かに鍋のふたをします。
濡らしたシーツでフライヤーをふさぎ、空気を遮断して消火(窒息消火)する方法もあります。※

※注意 炎に近づくため、上体をなるべく離し、特に顔面のやけどに十分注意してください。

絶対にしてはいけないのが、「水を注ぐこと」。
水が急激に気化して水蒸気が発生し、燃えている油とともに飛び散るため、火が燃え広がるきっかけとなるばかりか、大やけどをする危険性があります。

また、「マヨネーズを鍋に入れると消火できる」という説もありますが、マヨネーズが消火の性能を持っているわけでは決してなく、決してお勧めできません。

消防庁のホームページによると、「マヨネーズを投入したことにより、温度が十分に下がり、かつ容器から油があふれ出さない場合には火が消えるが、マヨネーズの主成分である可燃物の油(サラダ油)を注ぎ込むことは、まさに「火に油を注ぐ」ことになり、条件によってはより危険になる場合がある」と警告しています。

消防庁ホームページ FAQ 天ぷら油火災(マヨネーズでの消火)について

天ぷら油火災は、可燃物である天ぷら油が高温になり、発火あるいはコンロの火などが引火して火がつく現象です。
危ない!と思ったら無理して消火しようとせず、その場を離れましょう。

今回の熊本地震でも、揚げ物をしていた最中、激震で鍋が倒れ、店員がやけどを負った飲食店の事例が発生しています。

地震が発生したときの被害を最小限におさえるには、ご家庭、飲食店や事業所など日頃からいざという時のための備え、訓練が大事です。

食用油やガソリンなど各種オイルがこぼれた場合は、油吸着マットによる処理が便利です。
油Q2ライトは、マットタイプも揃えております。流出した油に瞬時に吸着し、最大5倍もの油をすばやく吸い取ります。
油Q2ライトは水をほとんど吸わず油だけに吸着し、特殊な素材が油を包み込み保持するため再流出もありません。
軽く持ち運びしやすく、片付けも簡単です。
油Q2ライトの主成分のピートモスは自然素材で微生物が増殖しやすく、自然の力で油が分解されますので安全無害です。

災害時の油漏れ対策として、消火器とともに、油吸着マットを備蓄してはいかがでしょうか。
ただ今、はじめて油Q2ライトをご利用いただく方向けに商品サンプル(無料)を数量限定でご用意しております。
ご興味ある方は、油吸着材「油Q2ライト」無料サンプルプレゼントページからぜひお申し込みください。